青木マキ市議の一般質問のご報告

2015年9月11日 22時03分 | カテゴリー: 活動報告

 11日、青木マキ市議が市会議員として初登壇し一般質問を行いました。
 質問内容は、介護保険制度と生活困窮者自立支援制度についてです。
 介護保険制度は、主に介護予防・日常生活支援総合事業施行における横浜市の基本姿勢を質しました。今回の制度改定により介護報酬はマイナス改定となり、被保険者にも介護保険事業者にも大きな負担を強いられる見直しとなった問題や、これまで要支援1・2としてサービスを受けてきた方々が、介護保険の給付から外れる問題など質問しました。介護人材の確保や市民、事業者へ丁寧な説明を行うことや事業者に対して実施したアンケート結果の公表も求めました。

 生活困窮者自立支援制度は、主に就労準備支援事業における収入資産要件の見直しについて言及し、就労準備支援の足かせとなっている資産要件の見直しや、就労訓練の受け入れ事業者の認定要件緩和、手続きの簡略化などを求め、横浜市としての柔軟な対応を検討するとの答弁も得ました。今後も市の取組みを注視して行きます。