図書室を活用しよう!

2006年11月17日 09時46分 | カテゴリー: 活動報告

青葉トークサロンレポート

「学校支援ボランティアネットワーク」の活動に参加されている方から学校の図書室が使いにくいというお話をいただき、トークサロンでも図書館の活用について考えてみました。
現在、青葉区内のほとんどの小学校でボランティによる読み聞かせが行われています。読み聞かせから図書整備の活動につながっている学校もあります。しかし、学校予算の関係上、保護者のボランティアにも限界があります。また、本の購入や廃棄などについても専門的なアドバイスが必要となります。区内の公立図書館に相談されたそうですが、残念ながら学校図書との連携はほとんど無いということがわかったそうです。学校や公立図書館をつなぎコーディネートする役割りの必要性が見えてきました。
今、子どもたちの活字離れが進み、理解力の低下や創造力の欠如も指摘される中、子どもたちの読書を奨励し、学校教育の中でも力を入れ始めています。しかし、先生に新たな負担を強いることは難しい状況です。PTAをはじめ地域の人たちの力を借りることで子どもを見守る目も増えます。子どもは人の中で育つもの、もっと大勢の人の力を借りて子どもたちを育てていこう。
(しもやま恵子)